現在

【2022現在】禁断ボーイズのいっくんの今は何してる?カップルチャンネル運営中で顔画像も

グループYouTuber「禁断ボーイズ」のリーダーを卒業した“いっくん”。

現在は彼女とカップルチャンネルを運営しているとも言われています。

今回はそんな“いっくんの現在”について紹介します。

【2022現在】禁断ボーイズのいっくんの顔画像はこちら!

禁断ボーイズのいっくんの顔画像はこちらです。

そして、2022年3月にInstagramが更新されました。

いっくんは近代ボーイズというグループ名で、2015年からYouTube上で動画を投稿しており、活動6年目となる2021年に、

「成長して価値観や考え方が変化したことで芸風とのギャップができてしまった」

と、いっくん自身の気持ちを語り、禁断ボーイズを卒業というカタチで、活動を辞めました。

禁断ボーイズのいっくんは今何してる?

禁断ボーイズを卒業したいっくんは現在何をしているのでしょうか。

いっくん自身が、YouTubeを配信はしていないのですが、彼女である“ぷるこ”とのカップル動画をYouTubeチャンネル「princess pruko」内で参加しています。

そのほかには、表立った活動はしていないのですが、禁断ボーイズ時代には動画の企画、編集などをしていたので、裏方で仕事をされているのではないでしょうか。

いっくんの仕事
  1. カップルチャンネルの運営
  2. 動画編集者の可能性も

詳しく見ていきましょう。

①カップルチャンネルの運営

いっくんは、2021年1月に“ぷるこ”との交際を明かしました。

ぷるこのプロフィール
  • 名前:ぷるこ
  • 本名:大久保 楓(おおくぼ かえで)
  • 生年月日:1999/4/13
  • 出身:大阪府

元YouTuberで“ふぉっさまぐなぁず”というグループで、「ぷるこ」と「めがね」のJKコンビだった。

現在は、アパレルブランド「LOLIPOPKNIFE TOKYO(ロリポップナイフトーキョー)」を立ち上げ、プロデューサーやSNSコンサルタントなどマルチにこなしています。

そのあとから“ぷるこ”のYouTubeチャンネル「princess pruko」では、いっくんとのカップル動画が多数上がっています。

https://youtu.be/EugULdUfgHk

動画の中では、仲のいい雰囲気が伝わってくる内容になっています。

②動画編集者の可能性も

いっくんは、禁断ボーイズにいるときには、動画の編集もしていたようです。

このことから、動画の編集を裏方としてされている可能性はあるのではないでしょうか。

また、動画の編集以外に、動画の企画などにも関わったり、撮影の手伝いもされているでしょう。

なぜなら、2021年3月にYouTuberを引退したワタナベマホトは現在、YouTube配信していた経験を生かし、他のYouTuberに裏方の仕事をまわしてもらい、月収60~70万円は稼いでいるとのこと。

「事件後、チャンネルの動画は削除され、ユーチューブからの収入はなくなった。傷害事件の被害者への示談金や家のローンの支払いで、借金も2000万ほどある。引退後は他のユーチューバーに裏方の仕事をまわしてもらい、月収60~70万円は稼いでいたようなので、当面はそれで生活するのでしょう」(ワタナベの知人)

引用:文春オンライン

そう考えると、いっくんも“禁断ボーイズ”という枠のなかでの経験をいかし、裏方をしている可能性はあるでしょう。

今後いっくんは禁断ボーイズに復活する可能性はあるの?

禁断ボーイズを卒業したいっくんは、今後メンバーとして復帰する可能性があるのでしょうか。

いっくん復帰のポイントがいくつかあります。

いっくん復帰のポイント
  • 活動休止をしたメンバー田中の復帰
  • 現在も連絡を取っている

詳しく見ていきましょう。

活動休止をしたメンバー田中の復帰

1つ目は、いっくんが卒業した際に、同メンバーの田中さんが活動休止を宣言していました。

しかし、2人きりとなった禁断ボーイズを心配して、いつの間にか田中さんは復帰しています。

そのことから、いっくんの復帰もあるかもしれません。

現在も連絡を取っている

2つ目は、禁断ボーイズのメンバーといっくんは現在も連絡を取り合っていることです。

Youtubeで現在もいっくんと連絡をとっているとメンバーが話しています。

いっくんの卒業は、メンバーとのケンカとかではなく、話し合ってメンバーが納得した上での卒業でした。

なので、現在の状況を聞き、手伝うという名目でも復活はあるのかもしれません。

まとめ

今回は“いっくんの現在”について紹介しました。

彼女とのカップル動画やInstagramなどで見せる表情はいい顔をされていました。

今後はもっと、表舞台に出てこられるような様子があるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。